癒し効果のリンパマッサージ

リンパマッサージは母乳に影響がある?

リンパマッサージは母乳に影響がある? 体の巡りを良くして、デトックス効果の期待できるリンパマッサージですが、母乳の出を良くする効果も期待することができます。
というのも、母乳は母親の血液から作られているため、リンパマッサージをすることで血液の巡りもよくなるうえに、体の代謝が良くなるため体があたたまり、母乳が出やすくなります。
また、どうしても昼夜問わず授乳をしなければならないため、授乳の姿勢は猫背になりますし、肩こりに悩んだり頭痛がするという人も少なくありません。
リンパマッサージはそうした血液の滞りや筋肉の緊張による肩こりや頭痛を、すっきりさせてくれます。
なので産後はリンパマッサージをすることで、赤ちゃんにもお母さんにもいいことが沢山あります。
リラックス効果も期待できるため、自分で時間の空いた時にするのもいいですし、人にしてもらうのもまた心地よさがありますので、自分に合った方法で身体のリンパや血液の巡りを良くしてみてはいかがでしょうか。

妊娠をしたらリンパマッサージはやめるべき?

妊娠をしたらリンパマッサージはやめるべき? 通常は良いことでも妊娠をしたらやらないほうが良いことがあります。
その一つがリンパマッサージです。
妊娠後3カ月間はしないほうが良いとされています。
これはどうしてでしょう。
そもそもリンパマッサージというのは、老廃物などをリンパに沿ってマッサージすることで体外に排出するマッサージのことを言います。
このマッサージ効果は非常に高く、お通じが良くなったり、肌トラブルが改善したりする効果も期待できます。
妊娠すると足がむくんだりするので、このリンパマッサージをしたくなってしまうかもしれませんが、しばらくは我慢しなければなりません。
いくつかの理由があるのですが、たとえばリンパマッサージは骨盤調整などで下腹部を圧迫してしまったり、陣痛を促進するツボを押してしまったり、さらに血行が良くなることによって、胚や胎盤がうまく定着できず、排出されてしまうリスクがあるのです。
もしマッサージを行うのなら、刺激を少なくして優しく撫でるようにするアロママッサージくらいにしておくと良いでしょう。

新着情報

◎2018/4/3

神経痛は改善される?
の情報を更新しました。

◎2018/2/1

リンパマッサージで風邪やガンが治る?
の情報を更新しました。

◎2017/11/9

アロマオイルを混ぜる
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「リンパ デトックス」
に関連するツイート
Twitter